新着情報 News

カメットマメ知識 第43回 『熱処理とは?』

2016年12月8日

焼入れ

熱処理とは? 熱処理とは、金属材料を融点以下の適当な温度に加熱し冷却速度を調節 して所定の性質・状態を与える処理の事です。 ”熱して冷やす”ことで鋼の性質を変化させます。   熱処理の種類 一般的熱処理 種類 処理方法 効果 焼きなまし 鋼を適当な温度に加熱し、一定時間その温度を保持した後に除冷 内部応力の除去/硬…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第42回 『ノイズとは?』

2016年12月8日

ノイズ

ノイズとは? ノイズとは『雑音』を意味する英語で、不要な音や情報一般の事です。 電気通信の分野では信号の伝達を妨害または悪影響を及ぼすような 電気的変化のことをいいます。   ノイズの種類 ノイズは、内部雑音と外部雑音に大きく分かれます。 ノイズ分類表 種 類 発生原因 発生場所 外 部 雑 音 熱雑音 電子の不規…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第41回 『ベアリングとは?』

2016年12月7日

ベアリング

ベアリングとは? ベアリングは、回転している部分の摩擦を減らし運動をなめらかにする部品のことです。 軸受ともいいます。弊社製品でも多数使用しています。   ベアリングの歴史 ベアリングのルーツは、紀元前650年頃の古代アッシリア時代に転がり運動の原理を 応用して巨像を運んでいたと言われています。 そして、ルネサンス…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第40回 『LEDとは?』

2016年12月7日

LED

LEDとは? LEDとは、発光ダイオード(Light Emitting Diode)の3つの頭文字を省略した もので電気を流すと発光する半導体の一種です。白熱ランプや蛍光ランプ などとは異なり、半導体結晶の中で電気エネルギーが直接光りに変化する しくみを応用した光源です。 弊社製品においては動作表示等などで利用しています。 …

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第39回 『エンプラとは?』

2016年12月7日

ポリアセタール

エンプラとは? エンプラとは、エンジニアリングプラスチックの略で、耐熱性が100℃以上あり 強度が49.0MPa以上、曲げ弾性率が2.4GPa以上あるプラスチックのことです。 耐熱性が150℃以上のものをスーパーエンプラといいます。エンプラは、耐熱性・機械的強度・耐摩耗性に優れています。 耐久性や安全性が要求される機械部品、…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第38回 『静電気とは?』

2016年12月7日

静電気

静電気とは? 静電気とは、物体にたまったまま動かない電気のことです。   静電気発生のメカニズム 静電気はふたつの物体が摩擦や衝突することで、軌道を外れた電子はどちらか 一方の物質に移動し、片方は電子が多い状態(-の電荷)、もう片方は電子が 少ない状態(+の電荷)になります。そして接触したふたつの物体が離れるとき …

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第37回 『結露とは?』

2016年12月7日

結露

結露とは? 結露とは、冷たい飲み物をコップに注ぐと、コップの外側に水滴が付いたり、 冬場に窓ガラスが曇るなど、水蒸気を含んだ空気が冷やされ『飽和水蒸気量』 を超えると余分な水蒸気が水に変わる現象のことです。 当社が取り扱うレベルセンサでも故障の原因となりうる現象です。 結露の種類 結露が起こるメカニズム 私たちの周りにある空…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第36回 『ドップラー効果とは?』 その2

2016年12月7日

マイクロウェーブ式フローセンサ

光のドップラー効果 第35回にて、音に関するドップラー効果について説明してきましたが 実は、光にもドップラー効果はあるのです。光とは電磁場の波(=電磁波)です。 私たちはこれら光の波長(または周波数)を視覚を介して色として捉えています。 目に見える光を可視光といい、長い波長側からレッド、オレンジ、イエロー、 グリーン、ブルー…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第35回 『ドップラー効果とは?』 その1

2016年12月7日

マイクロウェーブ式フローセンサ

ドップラー効果とは? ドップラー効果とは、観測者や音源がお互いに動いているときに 音の周波数が変化する現象のことです。 音は空気の振動で、一般的に音の高さは1秒あたりのくり返し回数を 示す「周波数」によって表され、単位にはヘルツ(Hz)が用いられます。 弊社のマイクロウェーブ式フローセンサや超音波式流量計にも この現象を利用…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第34回 『消費電力とは?』

2016年12月7日

エアコン

消費電力とは? 消費電力とは、電気回路において消費された電力のことです。 家電製品などに「○○W」というように、その製品がどれぐらい電力を 消費するのかが記載されています。 消費電力であるワットは、電気代における電気使用量として計算されます。 消費電力と電気代 ワット数というのは、どれだけ電気を使っているのかという「電力消費…

続きを読むボタン

© KANSAI Automation Co., LTD. All Rights Reserved.