新着情報 News

カメットマメ知識 第15回 『Oリングとは?』

2016年11月28日

Oリング

Oリングとは? 断面がO形(円形)の環型をした密封用(シール用)パッキンのことです。 材質にはゴムが使われることがほとんどです。 2つの部品を接触させる箇所において、固定または往復させたい時に2つの 部品のどちらかに溝を設け、その溝にOリングを装着し適度に圧縮することで 水・油・空気・ガスなどの流体が漏れることを防ぎます。 …

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第14回 『オイルシールとは?』

2016年11月28日

オイルシール

オイルシールとは? オイルシールとは、オイル(油)をシール(封じる)するという意味です。 とくに機械の回転軸の軸受け部を密封し、潤滑油をはじめ各種の流体(水や薬液) の外部への漏れを防ぎ、また外部のダストなどの侵入も防ぐ機械要素として、 回転用シールとしては、最も一般的に使用されています。 オイルシールの構造 金属環にシール…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第13回 『シールとは?』

2016年11月28日

シール

シールとは? シールは英語で『封じる』という意味があり、機械や装置において液体や気体が 外部に漏れないようにする部品や素材のことです。   シールのはじまり 紀元前2000年頃のメソポタミア文明のバビロンで、ユーフラテス川の川底を 横断するトンネルが建設され、そのトンネル壁はレンガが積まれアスファルトで 防水処理さ…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第12回 『安息角とは?』

2016年11月28日

安息角

安息角とは? 一定の高さから粉体を落下させて、自発的に崩れることなく安定を保つ時に、 形成する粉体の山の斜面と水平面とのなす角度を表します。 粉体の物性に影響します 安息角は粉体の粒度、含有水分、粒の形状などが影響します。 粒子の大きさが小さくなると安息角が大きくなる傾向があります。 シリカ(20°) けい砂(40°) 赤土…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第11回 『見掛比重とは?』

2016年11月28日

見掛比重

見掛比重とは? かさ比重ともいいます。 粉粒体の単位体積当たりの質量のことです。 粉粒体を容器に充填して質量を測定するため、充填方法や状態によって変化します。   見掛比重の計算 見掛比重の計算の仕方は 重量(g)÷体積(cc)です。 (計算例) 容器200ccに粉を入れて重さを計ったところ50gでした。 (容器の…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第10回 『テフロンコーティングとは?』

2016年11月28日

テフロンコーティング

テフロンコーティングとは? フッ素樹脂コーティング(テフロンコーティング)とは、母材の表面に膜を 形成することにより、耐薬品性、非付着製、耐熱性、耐候性など、金属 にはない特性を付与することです。   コーティングできる素材 コーティングできる素材は主に鉄・アルミニウム・ステンレスなどの金属、また ガラス・セラミッ…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第9回 『フッ素樹脂(テフロン)とは?』

2016年11月28日

絶縁物テフロン

フッ素樹脂(テフロン)とは? フッ素樹脂とは、フッ素を含むオレフィンを重合して得られる合成樹脂の総称です。 耐熱性、耐薬品性の高さや摩擦係数の小さいことが特徴です。   テフロン樹脂開発の歴史 軍需産業からのスピンオフ技術として、アメリカのデュポン社により製品化 されました。 代表的なフッ素樹脂のひとつで、フッ素と…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第8回 『マイクロ波とは?』

2016年11月28日

シートホーン

マイクロ波とは? 電波の周波数による分類のひとつです。 「マイクロ」は、電波の中で最も短い波長域であることを意味します。一般的には 波長 1 mから100 μm 、周波数 300 MHz から 3 THzの電波 (電磁波) を指し、 この範囲には、デシメートル波 (UHF)、センチメートル波 (SHF)、ミリメートル波 (E…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第7回 『超音波とは?』

2016年11月25日

コウモリ

超音波とは? まずはじめに、音波とは何でしょう? 例えば水面に小石を投げ込むと、水面に波が立ち波紋が広がっていきます。 この波紋と同様に「振動する物が周囲に伝える波動」が音波です。 人の耳で聞き取れる可聴周波数範囲は20Hz~20kHzと言われています。 一般的に“超音波”とは、人の可聴周波数範囲外の音波の総称として用いられ…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第6回 『溶融めっきとは?』

2016年11月25日

溶融めっき

溶融めっきとは? 高温度で溶融している金属の中に製品を浸漬して引き上げ、製品の表面に溶融 金属の皮膜を形成させる表面処理法です。その皮膜形成の方法から、「どぶつけ」 や「天ぷらめっき」とも呼ばれています。 溶融めっきは、めっきしようとする製品より低い融点の金属しかめっきすることは できませんが、比較的厚いめっき皮膜が得られま…

続きを読むボタン

© KANSAI Automation Co., LTD. All Rights Reserved.