新着情報 News

カメットマメ知識 第30回 『アルミ鋳物とは?』

2016年12月6日

鋳造

アルミ鋳物とは? アルミ鋳物とは、アルミニウムを溶かして、砂・鉄・ダイカスト等で作成した鋳型 (いがた)に流し込んで作る製品のことです。 主に工業用部品や各種パーツに使用されており、当社のレベルセンサの ケースにも採用されています。 アルミ鋳物の工程 アルミ鋳物の特長 重量が軽い 加工性に優れ、様々な形に成形しやすい 電気や…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第29回 『セラミックスとは?』

2016年12月6日

陶器

セラミックスとは? セラミックスとは、簡単には「粘土を焼いた全ての製品」(窯業製品) のことで、ガラスやセメントのような「炉中でつくる製品」をも含めます。 このようなことから現代では、セラミックスは「非金属・無機材料で、 その製造工程において高温処理を受けたもの」となります。 セラミックスは、硬くて耐熱性、耐食性、電気絶縁性…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第28回 『磁石とは?』

2016年12月5日

磁石

磁石とは? 磁石とは、2つの極(磁極)を持ち、双極性の磁場を発生させる源となるものです。 マグネット (magnet) とも呼ばています。 私たちの身の回りにもたくさんあり、鉄などの磁性体を引き寄せる性質を持ちます。 磁石同士を近づけると、異なる極は引き合い、同じ極は反発します。 磁石の種類 種類 イメージ 特長 永久磁石 …

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第27回 『プレス加工とは?』

2016年12月2日

B羽根

プレス加工とは? プレス加工とは、機械に凸と凹からなる金型を取付けて、主に板状の材料を 金型の間に強い力で挟み込むことにより材料を変形(せん断、曲げ、絞り等) させる加工です。 当社レベルセンサの部品においても、このプレス加工を行うものが多数あります。 いろいろな加工方法 加工方法 イメージ 当社レベルセンサ部品 せん断 (…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第26回 『マンセル表色系とは?』

2016年12月2日

色表

マンセル表色系とは? アメリカのマンセル(1858~1918)により創案された色を定量的に表す体系で ある表色系のひとつ。 色彩を色の三属性(色相、明度、彩度)によって数字・記号で表現されます。 当社レベルセンサのケースなどに塗装される塗料もこのマンセル表色系の 記号をもとに調色されているものがあります。 色の三属性 色相 …

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第25回 『焼付塗装とは?』

2016年12月2日

シャンパンゴールド

焼付塗装とは? 焼付塗装(金属塗装)とは、金属パーツや金属部品等に強度の塗装をする 方法の一つで、主に鉄・アルミ・ステンレス・真鍮・亜鉛ダイキャスト・アルミ ダイキャストなどの金属に対して140℃~200℃の温度で焼付乾燥します。 当社製品の大半のケース部分に施工されています。   焼付塗装の工程 1.脱脂:商品の…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第24回 『レーザー溶接とは?』

2016年12月2日

レーザー溶接

レーザー溶接とは? レーザ溶接(レーザビーム溶接)は、集光された高エネルギー密度熱源の レーザービームを当ててその光エネルギーにより溶接部を加熱して行う 溶接です。 レーザ光源としては、CO2レーザやYAGレーザなどがあります。 YAGは(イットリウム(Yittrium)・アルミニウム(Aluminium)・ガーネット (G…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第23回 『ステンレスとは?』

2016年12月2日

ステンレス表面

ステンレスとは? ステンレスとは「Stainless」のことで、「さびない」という意味です。 従って日本では古くは「さびない鋼」とか「不銹鋼」という名で呼ばれていましたが、 最近では「ステンレス鋼」にほぼ統一されました。 その名の示すとおり、腐食に強く、外観も美しく、さらに強度という面でも優れた性質 を持つため私たちの生活の…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第22回 『不動態化処理とは?』

2016年12月2日

不動態化処理

不動態化処理とは? 不動態処理とは、ステンレスなどの金属の表面に酸化した被膜(薄膜)を形成し、 内部を酸による腐食や、酸化などから保護する処理のことを言います。 不動態皮膜の正体は? ステンレスに含まれるクロムが酸素と結びついて表層につくる薄く緻密な膜が 不動態膜です。このクロムリッチな膜が腐食から素地を守ります。 なぜ不動…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第21回 『電解研磨とは?』

2016年12月2日

電解研磨

電解研磨とは? 電解研磨とは、電解液中で製品(ステンレス等の金属)を電気化学的に溶解させながら 研磨する方法です。 0.01~0.1um程度の微小な凸凹の平滑化と、数um程度の比較的大きな凸凹の除去が 同時に行われ、光沢が得られます。当社製品(静電容量式レベルセンサの電極部や フロートスイッチの接液部など)もオプションで対応…

続きを読むボタン

© KANSAI Automation Co., LTD. All Rights Reserved.