新着情報 News

排ガス加熱方式ダストモニターの活用

2018年9月7日

多湿排ガス専用ダストモニター

   今回は、湿式集塵機での測定実績の紹介です。 左図は、煙突内の状態です。 煙突内は温度が低く、湿式集塵機から排出された 水分が過飽和となり真っ白になっています。 この状況では、いかなる方式のダストモニターでも ばいじん濃度を測定することは不可能です。  しかし、弊社の排ガス加熱方式ダストモニターであれば、プローブから吸引…

続きを読むボタン

排ガス加熱方式ダストモニターのご紹介

2018年2月16日

多湿排ガス専用ダストモニター

測定概要 露点以下の水滴を含んだ排ガスを サンプリングプローブより吸引します。 吸引したガスを気化チャンバーの中で ガス化することで、ドライ状態で ばいじん濃度測定ができます。   各部構成 外形図 詳しくは営業窓口までお気軽にご相談下さい! 専門担当:環境機器事業部 e-mail:kitada@kansai-automat…

続きを読むボタン

バックスキャッタ方式ダストモニターQAL360シリーズ

2017年6月9日

プリント

製品ラインナップ 動作原理 センサから照射したレーザー光が、排ガス中の煤塵【ばいじん】に散乱した 光の強度をテレスコープで読み取り、煤塵濃度に換算します。 製品の特長 発光・受光一体型 のため、センサは片側取付 1~15mの大型設備 の測定に最適 コントローラー部と取付部が ヒンジ で接続されている ため、フランジから取り外…

続きを読むボタン

多湿排ガス専用ダストモニター QAL181WS

2017年5月19日

多湿排ガス専用ダストモニター

製品の特長  従来のダストモニターは、どのような測定方式で あっても、ガス化していない排ガス中の水分は 計測誤差になってしまいます。よって、湿式の脱硫装置や湿式集塵機から排出 される排ガスのばいじん濃度測定は困難とされて きましたが、当製品は排ガス中の水分をガス化 して測定しますので正確なばいじん濃度測定が 可能となります。…

続きを読むボタン

独自の測定方式で高精度なばいじん濃度測定を実現 ~ エレクトロダイナミック方式ダストモニター

2017年1月12日

ダストモニター

→電極バリュエーション拡大図 その他にも、ご使用条件に応じてセンサ電極をカスタムメイド いたします。 詳しくは営業窓口までお気軽にご相談下さい! 専門担当:環境機器事業部 e-mail:kitada@kansai-automation.co.jp TEL:03-5777-6931 FAX:03-5777-6933(東京) T…

続きを読むボタン

1台で排ガスの黒煙検知とばいじん濃度を測定 ~ ダイナミックオパシティ方式ダストモニター

2017年1月11日

ダイナミックオパシティ方式ダストモニター

測定原理 排気ダクトを横切る光線の受光量はダスト濃度に 反比例し、変化量(ダスト粒子のキラメキ)は ダスト濃度に比例する。 この法則より受光量と変化量の比を算出しダスト 濃度を測定します。   推奨条件 黒煙の検知 詳しくは営業窓口までお気軽にご相談下さい! 専門担当:環境機器事業部 e-mail:kitada@kansai…

続きを読むボタン

発光・受光一体型 ~ バックライトスキャッタ方式ダストモニター

2017年1月11日

バックスキャッタ方式ダストモニター

後方散乱方式とは? 排ガス中のばいじんにレーザー光を照射し、後方に散乱した光の強度の変化を 読み取りばいじん濃度変化に換算します 詳しくは営業窓口までお気軽にご相談下さい! 専門担当:環境機器事業部 e-mail:kitada@kansai-automation.co.jp TEL:03-5777-6931 FAX:03-5…

続きを読むボタン

ろ布破れ予知! ~ バグフィルタでのダストモニターの活用

2017年1月6日

エレクトロダイナミック方式ダストモニター

バグフィルターのろ布が破れると・・・ 設備を緊急停止することで生産ロスが発生 破れたろ布の特定が困難なため、必要のないろ布まで交換 ダストが漏れるため、下流設備の異常の原因となる 弊社のダストモニターを設置すると・・・ 一般的に、ろ布に初期不良が発生すると、ろ布洗浄(パルスジェット)時に ダスト濃度が急激に上昇します。 詳し…

続きを読むボタン

© KANSAI Automation Co., LTD. All Rights Reserved.