新着情報 News

狭小空間でも安定測定 ~ TDRレーダー式レベルメータ

2017年1月12日

TDRレーダー式レベルメータ

非接触式との違い プローブの種類 パイプ内での測定 取付位置がタンク壁の近くや、かく拌機などの障害物の近くに設置する場合、 また液面に波立ちや泡が発生する場合は、防波管や外筒チャンバーを設置 して測定してください。   詳しくは営業窓口までお問合せください! 問合せ窓口:  e-mail:infoj@kansai-autom…

続きを読むボタン

配管内の流れ検知・詰まり検知 ~ マイクロウェーブ式フローセンサ

2017年1月11日

マイクロウェーブ式フローセンサ

粉体輸送ラインにおける用途例 オプション機能 マイクロ波の発信が不足したり、 発信が停止すると、約6秒後に接点 出力します。 遅延設定に関係なくフローの有無に 対して表示灯が点灯・消灯します ので、フローの変化の激しいプロセス において感度設定の際に有効です。 アンプ分離型 取付部に振動があり一体型ではアンプ が故障する可能…

続きを読むボタン

レーダー式レベルメータ特集 ~ パワーアップで80m

2016年12月27日

レーダー式レベルメータ

便利な機能 空タンクスペクトラム(ETS) 攪拌機や梁などタンク内の障害物を記憶し、障害物を無視して正確なレベル を捕捉します。 タンク底面追跡方式(TBF) 誘電率が低い測定物に最適です。 タンク内に測定物がある場合と、空杯時におけるマイクロ波の反射時間差で レベルを計測します。   カタログダウンロード 詳しくは営業窓口…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第36回 『ドップラー効果とは?』 その2

2016年12月7日

マイクロウェーブ式フローセンサ

光のドップラー効果 第35回にて、音に関するドップラー効果について説明してきましたが 実は、光にもドップラー効果はあるのです。光とは電磁場の波(=電磁波)です。 私たちはこれら光の波長(または周波数)を視覚を介して色として捉えています。 目に見える光を可視光といい、長い波長側からレッド、オレンジ、イエロー、 グリーン、ブルー…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第35回 『ドップラー効果とは?』 その1

2016年12月7日

マイクロウェーブ式フローセンサ

ドップラー効果とは? ドップラー効果とは、観測者や音源がお互いに動いているときに 音の周波数が変化する現象のことです。 音は空気の振動で、一般的に音の高さは1秒あたりのくり返し回数を 示す「周波数」によって表され、単位にはヘルツ(Hz)が用いられます。 弊社のマイクロウェーブ式フローセンサや超音波式流量計にも この現象を利用…

続きを読むボタン

カメットマメ知識 第8回 『マイクロ波とは?』

2016年11月28日

シートホーン

マイクロ波とは? 電波の周波数による分類のひとつです。 「マイクロ」は、電波の中で最も短い波長域であることを意味します。一般的には 波長 1 mから100 μm 、周波数 300 MHz から 3 THzの電波 (電磁波) を指し、 この範囲には、デシメートル波 (UHF)、センチメートル波 (SHF)、ミリメートル波 (E…

続きを読むボタン

© KANSAI Automation Co., LTD. All Rights Reserved.