新着情報 News

振子式レベルスイッチのご紹介

2020年3月19日

swm-8b

回転式とよく形が似ている振子式レベルスイッチ。 振子式は、回転式では計測が難しい 過酷な環境でも長期安定計測が可能です! 今回はその理由をご紹介します! 構成部品の違い 回転式 回転式の動力部はモータのため、ギアなどの機械部品で構成されています。そのため、消耗や経年劣化による部品交換が必要です。 振子式 振子式は動力部が電子…

続きを読むボタン

レーダー式レベルメータ エイミングキット(角度調整機能)のご紹介

2020年2月14日

%e3%81%82%e3%81%84%e3%81%8d%e3%82%83%e3%81%a1

レーダー式レベルメータKLR640/650に新しいオプション、 エイミングキット付きが登場します! よりピンポイントに計測が可能になります。 特長 角度調整機能が付いており、粉面状況に合わせて角度の調整が可能になります。 安息角が生じてしまう条件でも、頂点・中腹など測定したい高さに合わせることができます。 注意 取付座が高す…

続きを読むボタン

回転式レベルスイッチ 軸長調整タイプのご紹介

2019年10月4日

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1-14

アジャスター各部品リスト 振れ止めラバー型 ① 羽根 ② 主軸 ③ 軸固定ナット ④ 保護管 ⑤ 振れ止め・ユニバーサルジョイント 振れ止めスプリング型 ① 羽根 ② 主軸 ③ 軸固定ナット ④ 保護管 ⑤ ユニバーサルジョイント ⑥ 振れ止め(スプリング) アジャスターの取り付け方法 振れ止めラバー型 本体に上から A:ナ…

続きを読むボタン

スライド仕様のご紹介

2019年7月19日

プリント

取付の種類 取付方法は主に2種類あります。 では、どのように使用するのか見てみましょう。 活用例 ①安息角があるため全長の調整が必要 ②検出ポイントを変更する可能性がある お客様のご使用条件に応じてカスタムメイドいたします。 詳しくは営業窓口までお問合せください! 問合せ窓口:  e-mail:infoj@kansai-au…

続きを読むボタン

静電容量式レベルメーターのご紹介

2019年7月12日

プリント

非接触で測定困難な条件  豊富な電極バリエーション ★上記は標準的な電極です。     その他、耐熱、耐圧仕様などお客様の条件に最適な電極をカスタムメイドいたします。   詳しくは営業窓口までお問合せください! 問合せ窓口:  e-mail:infoj@kansai-automation.co.jp TEL:03-…

続きを読むボタン

振子式レベルスイッチのメリット

2019年6月21日

プリント

スイングマスターの特長 1.荷重 羽根に負荷がかかっても、シャフトが動力部に直結していないため動力部が破損しません 2.寿命 駆動部が電子部品で構成されており、機械的消耗部品がないため、長寿命です! 3.高感度 瞬発的な振子運動により低比重(見掛比重0.1以上)の粉体が検出可能! 4.耐侵入性・耐圧性 隔壁で完全に遮断されて…

続きを読むボタン

サウンジング式レベルメータ 比重ウエイトのご紹介

2019年5月24日

プリント

低見掛比重の粉体の測定 低比重ウエイトの種類 傘型ウエイト SUS304 傘型ウエイト SUS304 開放フロート型 ウエイト SUS304 円盤型ウエイト SUS304 低比重ウエイトの取付上の注意 低比重ウエイトの幅は広いので、どちらかの取付方法が必要です。  ①φ320以上のノズルの設置  ②点検口の設置  …

続きを読むボタン

静電容量式ワイヤータイプのご紹介

2019年4月19日

プリント

製品の特長 ●長尺でも取扱が容易 ●現地での長さ変更が可能 ●検出部が摩耗などで劣化しても、ワイヤーなので簡単に交換が可能 ワイヤーをシンブルに通して、ワイヤークリップで 挟んでいるので、長さ変更やワイヤー交換が簡単に        出来ます!                      アプリケーション ●セメント業界 ●発…

続きを読むボタン

チルト式レベルスイッチPL-910/920のご紹介

2019年4月12日

プリント

こんな方にオススメ! ・安息角の大きい測定物を測りたい ・電源なしで操作をしたい   動作原理   粉体の 安息角に沿って   シャフトが傾斜すると、   本体内部のマイクロスイッチを   作動させ接点出力します。  シャフト(検知板)が粉体に埋まり  下向きの荷重が加わることでも、  マイクロスイッチを作動させ …

続きを読むボタン

粉体のブリッジ・付着対策

2019年2月15日

プリント

粉体を貯蔵するタンクでは以下のような現象が発生する場合があります。 ① ブリッジ 排出口で粉体がアーチを形成して 閉塞し、 粉体が排出されない現象  ② ラットホール 粉体がタンク内壁に押しつけられ 固形層となり、排出口の真上の 粉だけが排出され形成された穴 ③ 付着 粉体が固まりタンク内壁に こびり付く現象 対策 タンク内…

続きを読むボタン

© KANSAI Automation Co., LTD. All Rights Reserved.