新着情報 News

排ガス加熱方式ダストモニターの活用

2018年9月7日

多湿排ガス専用ダストモニター

   今回は、湿式集塵機での測定実績の紹介です。 左図は、煙突内の状態です。 煙突内は温度が低く、湿式集塵機から排出された 水分が過飽和となり真っ白になっています。 この状況では、いかなる方式のダストモニターでも ばいじん濃度を測定することは不可能です。  しかし、弊社の排ガス加熱方式ダストモニターであれば、プローブから吸引…

続きを読むボタン

排ガス加熱方式ダストモニターのご紹介

2018年2月16日

多湿排ガス専用ダストモニター

測定概要 露点以下の水滴を含んだ排ガスを サンプリングプローブより吸引します。 吸引したガスを気化チャンバーの中で ガス化することで、ドライ状態で ばいじん濃度測定ができます。   各部構成 外形図 詳しくは営業窓口までお気軽にご相談下さい! 専門担当:環境機器事業部 e-mail:kitada@kansai-automat…

続きを読むボタン

多湿排ガス専用ダストモニター QAL181WS

2017年5月19日

多湿排ガス専用ダストモニター

製品の特長  従来のダストモニターは、どのような測定方式で あっても、ガス化していない排ガス中の水分は 計測誤差になってしまいます。よって、湿式の脱硫装置や湿式集塵機から排出 される排ガスのばいじん濃度測定は困難とされて きましたが、当製品は排ガス中の水分をガス化 して測定しますので正確なばいじん濃度測定が 可能となります。…

続きを読むボタン

多湿排ガスプロセスダストモニター STACK181WS

2017年1月6日

多湿排ガスプロセスダストモニター

製品概要 焼却設備等に多く採用されている湿式集塵機 (ウエットスクラバー)の排ガスは低温で水分が 多く、ダストモニターが水分に反応してしまい、 正確に測定ができませんでした。弊社はこの ような低温・多湿プロセスにおいても、独自の 加熱システムで水分をガス化させることにより、 安定したばいじん濃度測定を可能にしました。 システ…

続きを読むボタン

© KANSAI Automation Co., LTD. All Rights Reserved.