新着情報 News

解決!スーパーオトメちゃん!Vol.16 バックライトスキャッタ方式ダストモニター『メンテナンス性』

2019年3月15日

eye_catch

10mクラスのダクト内のばいじん濃度を測りたいのですが?光学式では センサを対向に設置しないといけないから大変ではないですか? いえいえ、「バックライトスキャッタ方式ダストモニター」なら大丈夫! 光学式ながら受発光一体型なので非常に利便性が高いです。 「解決!スーパーオトメちゃん」の記事をもっと見る

続きを読むボタン

バックスキャッタ方式ダストモニターQAL360シリーズ

2017年6月9日

プリント

製品ラインナップ 動作原理 センサから照射したレーザー光が、排ガス中の煤塵【ばいじん】に散乱した 光の強度をテレスコープで読み取り、煤塵濃度に換算します。 製品の特長 発光・受光一体型 のため、センサは片側取付 1~15mの大型設備 の測定に最適 コントローラー部と取付部が ヒンジ で接続されている ため、フランジから取り外…

続きを読むボタン

1台で排ガスの黒煙検知とばいじん濃度を測定 ~ ダイナミックオパシティ方式ダストモニター

2017年1月11日

ダイナミックオパシティ方式ダストモニター

測定原理 排気ダクトを横切る光線の受光量はダスト濃度に 反比例し、変化量(ダスト粒子のキラメキ)は ダスト濃度に比例する。 この法則より受光量と変化量の比を算出しダスト 濃度を測定します。   推奨条件 黒煙の検知 詳しくは営業窓口までお気軽にご相談下さい! 専門担当:環境機器事業部 e-mail:kitada@kansai…

続きを読むボタン

発光・受光一体型 ~ バックライトスキャッタ方式ダストモニター

2017年1月11日

バックスキャッタ方式ダストモニター

後方散乱方式とは? 排ガス中のばいじんにレーザー光を照射し、後方に散乱した光の強度の変化を 読み取りばいじん濃度変化に換算します 詳しくは営業窓口までお気軽にご相談下さい! 専門担当:環境機器事業部 e-mail:kitada@kansai-automation.co.jp TEL:03-5777-6931 FAX:03-5…

続きを読むボタン

軽量コンパクト!ピンポイントで安定測定 ~ レーザー式レベルメータ

2017年1月10日

レーザー式レベルメータ

製品の特長 標準仕様 測定範囲 0.2 ~ 10m(測定条件による) 外部出力 DC4 ~ 20mA 負荷抵抗300Ω以下 ケーブル 5m付き 使用温度 -10 ~ 50℃(但し、氷結・結露のないこと) 保護等級 IP43相当 本体材質 PVC レーザー仕様 クラス2半導体レーザー光 620~690nm 0.95mWmax …

続きを読むボタン

光学式新モデル ~ オパシティ方式ダストモニター

2017年1月6日

オパシティ方式ダストモニター

測定原理 一般的な光透過方式 投光器と受光器を対向に設置し、ダスト粒子により減衰した光量から ダストの相対濃度を求めます。 STACK710 特長 ダクト径1~10mまで測定可能 校正ユニットによる自動ゼロ・スパンチェック機能 レンズ表面の汚れを防止するエアパージが必要 エアパージや電源などの異常が生じた際にシャッターを閉じ…

続きを読むボタン

© KANSAI Automation Co., LTD. All Rights Reserved.