新着情報 News

測定物の侵入を防ぎます!インロー仕様

2022年6月17日

レベルセンサで粉体を測定していると、 タンクノズルとレベルセンサの隙間に測定物が溜まってしまうことがあります。 古いものと新しい測定物が混ざるなど、 食品業界などで衛生対策をしっかりしたいプロセスには 『インロー仕様』をオススメしています! インローとは? レベルセンサとノズルの隙間を埋める部分を『インロー』と言います。 測…

続きを読むボタン

SUSケース仕様のご紹介

2022年5月13日

関西オートメイションでは医薬/食品業界や 腐食性の高いアプリケーション等お客様のご希望によって 通常アルミニウムのケースをステンレスケースで製作することが出来ます。 ステンレスケース仕様 振動式レベルスイッチ KVX 他にも以下の機種でも対応可能です 関西オートメイションはお客様のご要望に応じて カスタムメイドしています。 …

続きを読むボタン

ポイントの微調整ができます!スライド仕様のご紹介

2022年4月8日

測定するポイントの微調整がしたいなぁ…… 何かいい方法は無いのかな? 測定ポイントの微調整ですね!それなら、スライド仕様のフランジをオススメします! スライド仕様とは 全長を変更することで検出ポイントの微調整が可能です。 よりお客様が望むポイントで検出することができます。 活用例 安息角があるため、全長の調整が必要 検出ポイ…

続きを読むボタン

静電容量式レベルスイッチ 絶縁抵抗の点検方法

2022年2月10日

測定物がセンサ位置に なくてもONのままに なっているけど、 センサ部分に異常は 見られないな…… 見た目では問題ないのに、動作がおかしい……そんな時は 絶縁抵抗チェックをしてみましょう! 絶縁抵抗チェックの方法 上記手順にてチェックいただき、センサ部は正常(100Ω以上)であれば 主電極-接地電極間の絶縁が保たれているので…

続きを読むボタン

静電容量式レベルスイッチ 耐熱電極のご紹介

2021年9月3日

耐熱電極

静電容量式レベルスイッチは 電極のカスタムにより高温環境下で測定可能です! お客様のご使用条件に対応するスペックを取り揃えております。 対応形式 H1タイプ Max.120℃(絶縁物:テフロン) Max.160℃(絶縁物:ガラス入りテフロン) H2タイプ Max.300℃(絶縁物:セラミック) H3タイプ Max.400℃(…

続きを読むボタン

電極式レベルスイッチの応用について

2021年7月16日

電極式レベルスイッチが更に選びやすく!コンパクトになりました! 見た目は静電容量式レベルスイッチですが、電極式レベルスイッチの1点検出用です。 また、高温・高圧などの条件に応じてセンサ仕様のカスタマイズが可能です! 標準のケースでは大きくて設置できないといった場合にでも お任せください! 小型分離型のケースに対応しているため…

続きを読むボタン

静電容量式レベルスイッチのご紹介

2021年4月23日

静電容量式レベルスイッチは 粉・粒・液体 問わず測定できる オールマイティなレベルスイッチです。 お客様のご使用条件に応じて、センサ形状をカスタムメイド致します。 センサ形状ラインナップ 長年の実績によりセンサ形状は1000種以上!! また、形状だけではなく材質もご要望に合わせて対応致します! (SUS304、SUS316、…

続きを読むボタン

タンク工事無し!横取付座の検出レベル変更

2021年3月12日

このようなお悩みには「タンクの追加工事が必要……」と思われていませんか? タテ型フロートスイッチで多点検出を したいけど、天板部に取付座が無いから レベルスイッチの垂直取付ができず、 多点検出が出来ない…… 今レベルスイッチを設置している 取付座の高さよりも低い位置で レベルを検出、制御を行いたい! L字電極を使えば、 タン…

続きを読むボタン

静電容量式レベルスイッチの自動補正について

2021年3月5日

例えば、このようなお悩みありませんか? 静電容量式レベルスイッチで蜂蜜を測定したい…… でも、高粘度な液体の蜂蜜はセンサ部に付着して、出力がONしっぱなしになるよね? ご安心ください! 関西オートメイションの静電容量式レベルスイッチは 自動補正機能を標準搭載(●●●●)しておりますので、 誤作動することはありません! 自動補…

続きを読むボタン

小型だけではありません!アンプ分離型のご紹介

2020年10月9日

静電容量式や振動式などに代表される「アンプ分離型」。 アンプ一体型とは違ったメリットがあります。 今回は「アンプ分離型」を選択するメリットをご紹介します! メリット ノッカーやバイブレータの振動による破損からアンプを守る 高所など、危険場所での作業を回避 複数台のアンプをまとめて配置、調整の手間を短縮 小型分離では計器取付周…

続きを読むボタン

© KANSAI Automation Co., LTD. All Rights Reserved.