新着情報 News

ふるさと納税

2019年4月5日

%e3%81%b5%e3%82%8b%e3%81%95%e3%81%a8

ふるさと納税は、平成20年度から始まった制度で、実質2000円の負担で
寄付できる制度です。

【実績】
平成20年度 81.4億円(5.4万件)
平成28年度 2844億円(1271万件)
平成29年度 3653.1億円(1730万件)
※総務省データより

平成20年度から比較して大幅に実績が伸びていますが平成30年度はさらに
増額の見込みです。
納税と言っても寄付になるので、従来は確定申告が必要でしたが、平成28年度
から「ワンストップ特例制度」(寄付先は5つまでの自治体、サラリーマンや
源泉徴収の人が対象です。)により、確定申告が不要になり次年度の住民税が
控除されます。

生まれ育ったふるさと、所縁のある地域、応援したい地域に寄付するのが本来の
目的ですが、近年は返礼品目当てになり、また自治体も返礼割合を高めて寄付を
募り競争が激化したことが問題視されました。
この返礼品競争の激化を抑えるために、総務省も規制強化に乗り出しました。

実際に納税をする際は、ふるさと納税サイトを利用すると簡単に手続きが
行えます。数あるサイトから代表的なサイトをいくつか紹介します。

・ふるさとチョイス
・ふるなび
・さとふる
・楽天ふるさと納税

筆者のふるさとは島根県なので、感謝の気持ちで平成28年から寄付しましたが、
各自治体の返礼品にも魅力を感じ、他の自治体にも寄付をして、気が付けば
限度額を超えてしまい自己負担になってしまいました。

みなさんも初心を忘れず、条件・限度額を確認したうえでふるさとを応援してください。

© KANSAI Automation Co., LTD. All Rights Reserved.