新着情報 News

カメットマメ知識 第60回『含浸処理とは?』

2021年9月17日

aikyatti

mamechisiki-top-img

含浸処理とは?

含浸処理とは、鋳物や焼結部品などに発生する
ピンホール(巣穴)などの隙間に、含浸剤を封入することです。
弊社レベル計製品の鋳物部品にも施工されています。

含浸による効果

気密性の向上

  巣穴などの隙間を埋めることで、液体、気体の漏れを防止することができます。

メッキ前処理

  表面の隙間へのメッキ液の侵入を防ぎ、メッキのフクレやハクリを防止します。

塗装前処理

  表面の隙間を埋めることで、焼き付け塗装時のフクレを防止します。

生産性の向上

  部品をあらかじめ含浸処理することで、後工程がスムーズに行え手直しなどのロスを
  軽減することができます。

含浸処理の工程

© KANSAI Automation Co., LTD. All Rights Reserved.